忍者ブログ

簡単!安い!おしゃれなインテリア

簡単でしかも安く!ちょっとしたコツを使うだけでおしゃれなお家、部屋にしちゃう方法を公開します!

   

趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル くつろぎ空間のエッセンス」 2017年11月29日

NHKで放送されている番組「趣味どきっ!」。
カフェ好きでDIYに興味があるという加藤紀子さんが、家でもできるカフェ風インテリアを紹介してくれます。

インテリア術を教えて下さるのは、インテリアスタイリストの石井佳苗さんです。
いろんな本も出されています。

DAILY LIFE 日々を愉しむ大人のおしゃれと暮らし

新品価格
¥1,620から
(2017/11/30 時点)


「簡単! インテリアDIYのアイデア Love customizer」

新品価格
¥1,728から
(2017/11/30 時点)


今回のテーマは「くつろぎ空間のエッセンス」です。
今までの総集編と言った感じです。
基本となるのは「椅子」「照明」「壁面づかい」の3つのインテリア術です。

<椅子>
◎椅子はそろっていなくていい
石井さんの椅子選びのコツです。
ダイニングチェアは1つ1つ選んだもので、全てふぞろいになっています。
椅子を揃えてしまうと、カチッとしたカタイ感じになりがちです。

◎ソファーにこだわらず1人がけがオススメ
◎1人がけは模様替えが楽!
リビングの椅子はソファーではなく、1人がけを並べています。
動かしやすいので、楽に模様替えができます。
背もたれが大きい1人がけを選んでいるので、ゆったりと座ることができます。

◎ベンチがディスプレー台や本棚になる
大勢が座れるだけでなく、飾り台としても使うことができます。
奥行きが浅いので、場所も取りません。

放送回「ふぞろいのテーブルと椅子」

<照明>
◎一室一灯をやめてみる
一室一灯だと平面的な光が広がってしまい、昼間の光と変わりません。
ですが複数の照明を使って、明かりを減らしたり増やしたりすれば空間の表情を豊かにすることができます。

電球にもいろいろ種類があります。
同じワット数でも、クリアタイプと白色タイプでは影の出方が違います。
電球を取り換えて光の量を調節し、陰影を楽しむこともできます。

放送回「陰影で部屋に表情を・・照明」

<壁面づかい>
◎余白を意識してレイアウト
壁面は”飾る”と”収納”の2つの使い方があります。
バランスよく見せるコツは、ものを飾る場所を「目線の高さに限る」ことです。
まとめて飾ると余白が生まれ、スッキリとした印象になります。

◎小物はまとめて飾る
壁面の中央に飾り棚を取り付け、ここに小物をまとめて置くことでごちゃごちゃ見せません。

◎色や形でグルーピング
壁面収納はオープン収納になっていおり、一見なんでもく置かれているようにも見えますが、陶磁器の場所、朱塗りの器の場所など色や素材で区分けして置いてあります。
こうすることでバランス良く見えます。

放送回「飾りも収納も壁面づかい」

部屋をカフェのようにしたいときに活用したいのが「古道具」「布」「グリーン」の3つです。
<古道具>
◎店内を3周してからがアイテム探しの本番
古道具屋さんで好きなものを見つけ出す秘訣です。
DIYに活用できるものも見つけることができます。
加藤さんは木箱を見つけ、それにキャスターを取り付けていました。

放送回「古道具を生かす 掘り出しものの見つけ方」

<布づかい>
布製のクッションは空間を彩るアクセントになります。
カバーを変えれば違う色や柄を楽しめます。
ラグにはキリム(中東や中央アジアの伝統的な織物)を使っています。
春夏は白を基調とした色づかいで涼やかに見えるラグを、秋冬は赤やオレンジなどの暖色で暖かく見えるラグを季節に応じて使い分けています。

◎柄ものは間に白を挟む
不揃いの柄をうまく調和させるには、柄と柄の間に白を挟むことでなじませることができます。

放送回「手軽に雰囲気を変える”布づかい”」

<インドアグリーン>
季節感を演出できます。
石井さんがオススメするのは「枝もの」です。
鉢植えではなく、枝ぶりが良いものを生けています。

◎身の回りの器に生けてみる
小さな枝ものを飾るのに便利なモノがマグカップやポット、しょう油差しなどの身近なところにある器です。

放送回「潤いをもたらすインドアグリーン」

最後に石井さんから、
ファブリックやグリーンなど季節のある物は季節を楽しんだりするといいです。
インテリアに正解はないので、自由な発想で行っていきましょう。
今回のことをヒントに、自分なりに解釈をして楽しんでください。

家で楽しむ 私のカフェスタイル (趣味どきっ!)

新品価格
¥1,188から
(2017/11/30 時点)


あぁ~「私のカフェスタイル」が終わってしまいました。
面白かったなぁ。
これをきっかけに私の照明の見方や選び方が変わりました。
すてきな間接照明探しています。



PR

趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル 潤いをもたらすインドアグリーン」 2017年11月22日

NHKで放送されている「趣味どきっ!」。
今回で8回目の放送です。
カフェ好きでDIYに興味津々だという加藤紀子さんが、お家でもできるカフェのようなインテリアを紹介します。

おしゃれなインテリアを教えてくださるのがインテリアスタイリストの石井佳苗さんです。
↓ 様々な本も出されていますよ

DAILY LIFE 日々を愉しむ大人のおしゃれと暮らし

新品価格
¥1,620から
(2017/11/23 時点)


Love Customizer2 DIY×セルフリノベーションでつくる家

新品価格
¥1,728から
(2017/11/23 時点)


今回のテーマは「潤いをもたらすインドアグリーン」。
植物を部屋に飾れば潤いを与えてくれます。
石井さんは、外の景色が好きなのでそれを家の中に取り入れるような生け方にしているそうです。

石井さんのグリーンづかいの特徴は「枝もの」。
鉢植えではなく、枝ぶりの良いものを生けて飾っています。
鉢植えをよく枯らしてしまうという方は、枝ものを取り入れるといいそうです。

◎枝ものは挿すだけで雰囲気を作れる
テーブルの上に枝ものを置くと、空間に奥行きが生まれます。
いわつつじは、広がりのある枝ぶりで、水を入れるだけで数か月もつそうです。

◎高所に置いて葉の流れを楽しむ
葉っぱが垂れさがる植物は棚の上に置くようにします。
空間の中に上から下へと流れるような動きが出ます。

◎同じものを何本も生ける
ユーカリなど小さな枝ものをキレイに見せるコツは、全ての枝を片側に寄せていけることです。
これは花にも使えるテクニックで、ケイトウの花だけをを寄せ植えのように小さな器の中に入れてありました。

◎身の回りの器に生けてみる
剪定した小枝を、マグカップやポット、しょう油差しなど身近なものに生けてみます。
花瓶にこだわらず身の回りの器に生けてみると、楽しみ方が広がります。

◎ドライフラワーをオブジェのように飾る
飾り終わった草花をそのまま乾燥させて作った石井さん手作りのドライフラワーもあります。
枯れゆく姿に心惹かれるという石井さん。
ドライフラワーは軽いので壁に掛けることもできます。

<MEMO>
①枝ものを活用する
 世話のかからない枝ものは初心者におすすめです。
 形の面白さを楽しみましょう。
②花器にルールなし
 飾る器は花瓶だけではありません。
 ポットやカップなどを使って自由に生けましょう。
③ドライフラワーにして最後まで楽しむ
 グリーンは枯れても最後まで楽しめます。
 ドライにすれば空間に落ち着きをもたらします。


◎マクラメでプラントハンガーを作ろう
マクラメはロープを結んで模様を作る技法です。
これがあればグリーンを壁や棚に吊るして飾ることができます。

↓ マクラメをもっと頑張りたい方はこちらを!

マクラメ・インテリア 結びでつくるBOHOスタイル

新品価格
¥1,620から
(2017/11/23 時点)


☆使うもの
コットンロープ(太さ4mm)
リング(外形5cm)
 手芸店などで購入できます。

①ロープを350cmを6本、60cmを2本用意する。
②壁に釘を打ち、そこにリングをかけ、そしてリングに長いロープを6本かける。
 こうすると作業が行いやすくなります。
③リングの根元部分の長いロープを、短いロープをつかって”まとめ結び”をする。
 余分なロープは切り取り、接着剤で固定させます。
④長いロープの隣り合わせの4本をとって”ねじり結び”をする。
⑤ねじり結びの下にはすこし空けて”平結び”をする。
 これを3本作ります。
⑥作った3本を結んでポケットを作る。
 ポケットにプランターを入れることができるようになります。
⑦ポケットの底は短いロープを使ってまとめ結びをする。

↓ 結び方の説明は割愛しました。すみません!テキストをどうぞ!

家で楽しむ 私のカフェスタイル (趣味どきっ!)

新品価格
¥1,188から
(2017/11/23 時点)


グリーンは家に飾りたいと思っているのですが、なかなか取り入れられていないことの1つです。
グリーンが家の中にあるときっと癒し効果もあると思うんですよね。



●関連記事
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#1 ふぞろいのテーブルと椅子」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#2 陰影で部屋に表情を・・照明」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#3 飾りも収納も壁面づかい」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#4 気持ち良く使えるキッチン」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#5 古道具を生かす①リメイク家具」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#6 古道具を生かす②掘り出し物の見つけ方」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#7 手軽に雰囲気を変える布づかい」




趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル 手軽に雰囲気を変える布づかい」 2017年11月15日

NHKで放送されている「趣味どきっ!」。
カフェ好き&DIYに興味津々の加藤紀子さんが、お家でもできるカフェのようなインテリアの作り方を紹介してくれます。
↓ この番組の本も出ています

家で楽しむ 私のカフェスタイル (趣味どきっ!)

新品価格
¥1,188から
(2017/11/16 時点)


教えてくださるのは、インテリアスタイリストの石井佳苗さんです。
↓ 本も多数出されています。

DAILY LIFE 日々を愉しむ大人のおしゃれと暮らし

新品価格
¥1,620から
(2017/11/16 時点)


Love Customizer2 DIY×セルフリノベーションでつくる家

新品価格
¥1,728から
(2017/11/16 時点)


今回のテーマは「手軽に雰囲気を変える”布づかい”」です。
カーテン、ラグ、クッションなど部屋を見渡すと布製のアイテムはたくさんあります。
その為、素材や色使いで工夫することでメリットもあります。

ファブリック(布)は1番季節感が出しやすいアイテムです。
簡単に部屋の雰囲気を変えることができます。


<色を調和させるには?>
インテリアのアクセントに重宝するのが「布製のクッション」です。
空間に色どりをあたえ、カバーを変えるだけで違う色や柄を楽しむことができます。
石井さんのクッションはオブジェ感覚です。
その特徴は色や柄がふぞろいなことです。

◎ナチュラルなカラーをベースに
石井さん宅はグレーやベージュ(麻素材)など淡い色をベースにしています。
そこに好きな色やキリム(中東や中央アジアの伝統的な織物)など色の入ったものを入れます。

枕カバー(NウォームT キリム S) ニトリ
【送料有料・玄関先迄納品】

価格:799円
(2017/11/16 時点)


◎差し色の数を限定する
淡い色をベースにして赤色をさし色にしていました。
このさし色を黒に変えるだけで、シックな雰囲気に早変わりします。


部屋の床を飾る「ラグ」、素材を変えることで季節感を演出できます。
石井さん宅は生成りの麻素材のラグが敷いてあります。
◎春夏は麻やコットン
肌触りもさわやかで、見た目も涼し気です。

◎秋冬はウールやファー
色合いが鮮やかな東南アジアのキリムで、ウールのラグを使っていました。
家具とのバランスも変わります。

季節に応じて家具を変えることは難しいですが、クッションやラグなら簡単に変えることができます。

◎柄ものは間に白を挟む
テーブルや椅子の座面を白にして間にはさみ、柄物同士をなじませています。

◎光を通す素材を間仕切りに
寝室とリビングの間に仕切りとしてかけてあるの布は、ポジャギという韓国の伝統工芸品です。

韓国麻ポジャギのランチョンマット
■launcheonmat-1-s【ギフト】【お土産】

価格:3,240円
(2017/11/16 時点)


透け感があり、パッチワークのものが有名だそうです。
他にもスザンニという、ウズベキスタンの伝統的な布にかけ替えたりして温かい印象にしていました。

正方形のソフレ・オールドキリム/クルディッシュ
101×114cm刺繍のようなスザンニ織りの小さな花

価格:39,000円
(2017/11/16 時点)


<MEMO>
①クッションをインテリアの差し色に
 手軽に雰囲気を変えることができます。
 色柄ものを合わせるときは、淡い色をベースにすると調和します。
②ラグは季節で素材を変える
 ラグは季節感を演出できるアイテムです。
 素材を変えると見た目だけでなく、肌触りも季節にマッチします。
③部屋の仕切りに使うときは気分に応じて付け替える
 透け感のある素材を使えば開放的になり、厚いものを使えば目隠しになります。
 気分に合わせて付け替えてみましょう。


◎リネンシーツでつくるカーテン
石井さん宅の「カーテン」はリネンシーツを使って作った手作りだそうです。
シーツは四方がすでに三つ折りにして縫ってあり、家にミシンがない方でも作ることができます。

【リネンシーツ】麻100%和布団用フラットシーツ
【シングル】

価格:3,240円
(2017/11/16 時点)
感想(403件)


①シーツを折りたたんで長さを調節する。
 折り畳んだところはそのままで、その部分がカーテンの良いデザインとなります。
②カーテンレールにかけられるようにハサミで切り込みを入れて穴を開け、そこをハトメで補強する。
 こうすることで同時に折り畳んだところを固定します。
 ハトメを留めるハトメパンチはホームセンターなどで購入できます。
③好みのフックをつけてレールにかける。
↓ ハトメの大きさをチェックしましょう!

SK11 ハトメパンチ DX No.400 兼用【楽天24】

価格:1,068円
(2017/11/16 時点)
感想(1件)


さすがインテリアスタイリストですよね!
発想も素晴らしいですし、キリムやボジャギ、スザンニという外国の伝統工芸をうまく取り入れるところもさずがです!



●関連記事
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#1 ふぞろいのテーブルと椅子」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#2 陰影で部屋に表情を・・照明」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#3 飾りも収納も壁面づかい」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#4 気持ち良く使えるキッチン」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#5 古道具を生かす①リメイク家具」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#6 古道具を生かす②掘り出し物の見つけ方」

趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル 古道具を生かす②掘り出しものの見つけ方」 2017年11月8日

NHKで放送されている「趣味どきっ!」。
カフェ好きの加藤紀子さんがお家でもできるカフェのような居心地の良いインテリアを紹介します。
「家で楽しむ私のカフェスタイル」、今回で6回目となります。

家で楽しむ 私のカフェスタイル (趣味どきっ!)

新品価格
¥1,188から
(2017/11/9 時点)


教えてくださるのは、インテリアスタイリストの石井佳苗さんです。
↓ 本も多数出されていますよ!

Love Customizer2
DIY×セルフリノベーションでつくる家

新品価格
¥1,728から
(2017/11/9 時点)


DAILY LIFE 日々を愉しむ大人のおしゃれと暮らし

新品価格
¥1,620から
(2017/11/9 時点)


今回のテーマは「古道具を生かす②掘り出しものの見つけ方」です。
前回は古道具を使ったリメイク術を紹介しました。
「#5古道具を生かす①リメイク家具」マガジンラック・キャスター付き収納ボックス

古道具は自由な発想で使えば私だけのアイテムに変身します。
だからこそお気に入りを見つけたいですよね!

◎店内をまず3周 掘り出しものはじっくり見つける
今回は石井さんのお気に入りのお店に出かけます。
最初に訪れたお店は、神奈川県葉山にある昭和なものがたくさん詰まったお店です。
お店に入ったら、まず全体を見て回り目を慣らしていきます。
そして3周目くらいにこのお店のことが分かってくるそうです。
石井さんの鉄則「店内は3周する」

懐かしい電球用のソケットやスイッチプレートが素敵でした。

プラスチック 1口スイッチプレート ホワイト/ベージュ
【アメリカン US スイッチ アメリカンスイッチ
ビンテージ アンティーク アンティーク】AXSW

価格:194円
(2017/11/9 時点)


◎古道具屋は情報やアイデアのストックの場
このお店には古材や建具などがたくさん置いてあります。
石井さん宅の手作りのオープン棚の背板には雨戸を使っていました。
古材の厚みのある1枚板はホームセンターでは買えないものです。
1枚1枚色合いや質感が違っているので、それぞれ表情が違い、それらの個性を生かせばオンリーワンのアイテムになります。
店内をゆっくり見て回るだけでも良いと店員さんがおっしゃっていました。
ここにこれがあるということを知っておくだけでも、あとあと役に立つことがあるかもしれません。

OLD ASHIBA(足場板古材)フリー板(幅つなぎ材)
厚35mm×幅400mm(2枚あわせ)×長さ910~1000mm
 無塗装※縁あり(標準タイプ)[受注生産] 天板 キッチン
カウンター ダイニング テーブル 棚板 デスク DIY
オーダー 天板のみ アンティーク

価格:6,966円
(2017/11/9 時点)
感想(2件)


◎好きなものを揃えれば自然と調和がとれる
次のお店は神奈川県横須賀市にあるアンティークな家具や雑貨を取り扱うお店です。
このお店はカフェでもあり、とってもおしゃれな椅子とテーブルが置いてあります。(しかもこれらは売り物です。)
オーナーさん曰く、あまり年代とか形式にとらわれないで、気に入ったものを集めていくと、結果調和がとれるようになるということでした。

次に訪れたのは”目黒通り”通称”インテリア通り”です。
古道具のお店が並んでいます。
その中のお店にはオシャレな照明や船の舵、木馬などが置いてありました。
じっくりものを見ているうちにだんだんと自分の好みがわかってきます。

<MEMO>
①古道具屋めぐりで情報収集
 たくさんお店を巡りましょう!
②店内をまず3周 じっくり見つける
 目が慣れ、冷静に品定めができます。
③年式や形式にとらわれない
 自分の好みを見つけましょう!


古道具屋さん行きたいな~!!
調べてみると車で1時間くらい行かないとないようでした・・。
でも普通の雑貨屋さんでも置いてあったりするのかもしれませんよね。
雑貨店巡りしてみようかな。


●関連記事
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#1 ふぞろいのテーブルと椅子」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#2 陰影で部屋に表情を・・照明」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#3 飾りも収納も壁面づかい」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#4 気持ち良く使えるキッチン」



趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル 古道具を生かす①リメイク家具」 2017年11月2日

NHKで放送されている「趣味どきっ!」。
加藤紀子さんが紹介する「家で楽しむ私のカフェスタイル」も今回で5回目です。
オシャレなカフェのような居心地の良い場所をお家でも作ってみたいですよね。

今回のテーマは「古道具の生かす①リメイク家具」です。
古道具の生かし方、古道具の魅力とリメイク術を学びます。
教えてくださるのはインテリアスタイリストの石井佳苗さんです。
↓ 本もいろいろ出されています

DAILY LIFE 日々を愉しむ大人のおしゃれと暮らし

新品価格
¥1,620から
(2017/11/2 時点)


石井さん宅のオープン棚には、使い込まれた道具を上手に見せて収納しています。
オブジェのようなティーポット、シックな花瓶や水差し、朱塗りの漆器など飽きのこない場所になっています。

◎古道具は「一点もの」のよさがある
石井さんはこういったおしゃれなものを古道具店で見つけているそうです。
今あるデザインでないものや見たことのないものなど、”一点もの”のよさが古道具にはあります。

◎古道具を家になじませて”自分のもの”に
オープン棚は石井さんの手作りです。
棚の背板は昭和の建物の雨戸で出来ています。

ダイニングテーブルも昭和の作業台です。
椅子が入るように脚と脚をつないでいた角材を切り落とし、天板の角も切り取り、滑らかにしあげました。
古道具は経年変化もあり、新品のものよりも家に入れてもスッとなじみやすいというのがあります。

<簡単!古道具を生かすリメイク術>
◎キャスター付き収納ボックス
古道具屋さんで買った木箱の底に、ホームセンターで買ったキャスターをつけました。
木箱はもともと果物やビールのケースだったもので、数千円で手に入ります。
重いものを入れてもラクラク移動できるので使いやすいですし、掃除もしやすくなります。

ベジタブルボックス 高さ200mm
【木箱】【ガーデニング】

価格:2,052円
(2017/11/2 時点)
感想(51件)


↓ 詳しい作り方は本に出ているそうです

家で楽しむ 私のカフェスタイル (趣味どきっ!)

新品価格
¥1,188から
(2017/11/2 時点)


◎マガジンラック
もともとは古い木製の3段の薄い引き出しだったものを、引き出しを抜いて立てて、そこに雑誌を入れるようにしています。
脚には角材を立方体に組み立てたフレーム棚を取り付けています。
色を黒く塗り、ラックとのツートンカラーでモダンになっています。
脚をつけたことで家具っぽく仕上がります。

木製書類ケース A4サイズ アンティーク 3段
引き出し収納 ホワイト ダークブラウン BREA

価格:5,378円
(2017/11/2 時点)
感想(4件)


◎猫ベッド
抜いた引き出しは白く塗り、壁にネジでしっかりと固定させます。
中に毛布などを敷き、そこに猫ちゃんが入ってベッドになっています。

◎ビンテージの椅子のアレンジ
アームに革ひもを巻き付けています。
使うほどに味わいが増し、手芸店などで手に入ります。

古道具は手頃な価格だからこそリメイクしやすいんですね。

古道具に慣れるには、小物集めから始めると良いそうです。
次第に見る目が養われていくとか。
古道具屋さんの店主と話すのも良いそうですよ。

<MEMO>
1.発想の転換で味わいのあるリメイク家具に
2.自分好みの小物集めでセンス磨き


私も1度古道具屋さんに行ってみたくなりました!
地方住まいのわが家の近くに古道具屋さんはあるのかなぁ。



●関連記事
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#1 ふぞろいが心地よいテーブルと椅子」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#2 陰影で部屋に表情を・・照明」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#3 飾りも収納も壁面づかい」
趣味どきっ!「家で楽しむ私のカフェスタイル#4 気持ちよく使えるキッチン」







  

ブログ内検索

場所や使いたいモノの名前で検索!

プロフィール

HN:
おしゃれな部屋を作り隊
性別:
非公開

P R

忍者カウンター

Copyright ©  -- 簡単!安い!おしゃれなインテリア --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]